欲望の風俗
フリースペース
 >  > 人生に一輪の花を咲かせたような存在

人生に一輪の花を咲かせたような存在

私自身が言うのもあれなんですけど、私の生活っていうのはいままで決して面白いものとはいえないっていうか。毎日毎日仕事の繰り返しなだけで、充実しているとは全然思えない人生だったんですよ。まあ人によっては同じことの繰り返しは仕事が順調な証拠というんですけど、抑揚のない仕事のつらさはやってみないとわからないですよ。まあ他に何もチャレンジしてこなかった私も悪いんですけどね。でもとある場所に頻繁に行くようになってから私の人生にもちょっとした充実感が出てくるようになりました。それがキャバクラなんです。キャバクラって言うと綺麗な女の子がいてアルコールを飲むとkろって思っている人も多いと思うんですけど、まさにその通りなんです。でも職場の仕事の後にキャバクラに行ってキャバ嬢と話をしながらアルコールを飲む。こんな当たり前のことがなんともいえず平凡だった私の人生に一輪の花を咲かせたような存在になったんですよ。

[ 2014-09-02 ]

カテゴリ: キャバクラ体験談